<   2017年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧


c0033501_2334187.jpg初めてレゲエを意識して聴いたのは1975年くらいのウェイラーズだったと思う。レゲエ以前のスカを初めて聴いたのはもっとあとになってから。
スカはダンスミュージックであり、わりと単純な2ビートだが、1970年代にレゲエになってからの頭抜きでゆったり船を漕いでいるような重いリズムはかなりの衝撃だった。

80年代になってからはベースもベードラも頭に入るようになり、3拍目もスネアになった。これはおそらくレゲエが8ビートや16ビートのコンテンポラリーなリズムに近づいた結果で、ダンスミュージックとしての商業的な意味合いもあると思う。
個人的には、やはり"ベースは頭抜きでベードラとリムショットが三拍目"の、重くゆったりのアレが好き。

たとえば、マトゥンビなど典型的です。名曲揃い。


そして本来レゲエは、夏向きのトロピカルミュージックではけしてないのだ。
[PR]
by bongokid | 2017-03-04 22:00 | Column

c0033501_21155538.jpgロックのロの字を知った頃(1970年)に出会ったバンドはというと、フリー、クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル、レッド・ツェッペリン、シカゴ・トランジット・オーソリティ、ユーライア・ヒープ、ブラック・サバスなどなどである。そして、大音量で度迫力のハードロックでありながら、いちばんとっつきやすかったのは、アメリカの三人組グランド・ファンク・レイルロードであった。(のちに4人組)

今、改めて聴くと、大味な曲調とある種の古くささは否めず、洗練されたアーティスティックなものを好む音楽ファンからは見向きもされない?だろうが、個人的には、彼らからのハードロック原体験の恩恵は計り知れないものがある。

極めつけの代表作である2枚組ライブLP(現在は一枚CD)は友だちが持っていたので買わなかったが(当時の中学生の小遣いからして友人と同じものを買わないのが当たり前で、ずっとあとにCDで購入)、

c0033501_17011427.jpg
「グッドマンズ・ブラザー」「ハートブレイカー」「インサイド・ルッキング・アウト」が収録された33回転コンパクトEP盤を夢中で聴きまくっていた。結局、盤が磨耗してしまい同じものを再度買ったほどだった。

というわけで、試しにネットで検索してみたらオフィシャルサイトがあるではないか。そして今でも現役♪
2005年、オリジナルメンバーに二人のサポートを加えたツアーが地道に行なわれているようだ。
オフィシャル・サイトには、最近のライブ映像と1969~70年頃のボーナストラック(MP3)が数曲、無料で置いてあった。御馳走さま!
現在では、ドラムとボーカルのドン・ブリューワーはすっかり白髪(銀髪?)で声も細くなっているが、ギターとボーカルのマーク・ファーナーは相変わらずである。

(ポップな味わいが強くなった)キーボードが加わってからのライブ映像(現在廃盤)は市販されていたが、オリジナル三人組当時の公式な映像は未だに発表されていない。数多くのロックフェスティバルやコンサートに出演している(レッド・ツェッペリンの前座もあり)のに…。密かに期待しているのだが、無理かな。
[PR]
by bongokid | 2017-03-02 21:16 | Column