<   2006年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧


小笠原諸島には白人のコミュニティがあり、日常会話を日本語で話していることは、余り知られていない。

あれこれ考える以前に、その事実を知った驚きはかなりのものだった。
そもそも“小笠原”などと漢字の地名がついているから日本固有のイメージがあるが、元は無人島で無国籍だった。
19世紀初めに米国人セーボレー(白人)たちが漂着して定住した。その後日本人も移住し、明治8年に日本領土となり、東京府下の一地域扱いになった。
ちなみに、“小笠原”という地名は日本人探検家の苗字からとられたそうだ。

白人と日本人が混じり合って生活していたが、第二次世界大戦時に日本人は強制的に本土に帰され、戦後は日本に返還されるまで、沖縄同様に米国の施政下におかれた。

戦前は農業も盛んだったらしいが、現在は観光業と自給自足のための漁業しか行われていない。180年前に定住したセーボレー一族の末裔は、槍で魚を捕る伝統漁業をしながら暮らしていた。

世代間で日米の影響力の差は当然ある。若い世代は日本返還後に日本語教育を受けているが、米国に渡る人々も多い。

70歳を越えた白人の老人はかなりの程度で“日本人”で、もちろん日常会話は日本語だ。

~レモンの林~

若い二人は離れているけれどでネ 
約束しましょう また逢う日の夜に
若い二人は人目が恥ずかしいでネ 
レモン林で隠れて話しましょう 

レモン林の甘い香りの中で 
キッスをしたのをお月様が見てた 

平和になったら二人でカボボしてでネ 
新婚旅行は東京(※)へ行きましょう


こんな歌詞の民謡がある。
海岸で、シワまみれの老人が照れくさそうに口ずさんでいた。

小笠原を特集したテレビドキュメントを見てから数年が経過したが、この歌の入ったCDは存在するようで、小笠原の島唄CD「葉から芽」CRCM-40062 がそれ。

※実はネットで調べたら「東京」は「父島」になっていた。正式?には「父島」なのかな。。。だた、テレビで観たときの老人は間違いなく“東京”と唄っていた記憶がある。それはおそらく替え歌、もしくは亜流なのかもしれない。
白人の老人が“東京”と唄っているところになにか奥深いものを感じた。
[PR]
by bongokid | 2006-01-27 20:55 | Column

c0033501_1162635.jpgフリーを知ったのは、「オールライト・ナウ」がそこそこ日本でもヒットし、深夜ラジオの音楽番組でそれを聴いたことからでした。そして最初に購入したLPはあの「ライブ」。聴きまくりました。
最後の曲(スタジオ録音)の「Get Where I Belong」が流れると、まるでドキュメント映画のエンドロールのような錯覚を覚えたものです。
※今、購入できるCDはボーナス・トラックがそのあとに入っているので、個人的にはちょっと違和感があります。

-------------------------------------------------------
その「フリー/ライブ」が日本で発売される約二ヶ月前の1971年の4月下旬に、ポール・コゾフ、サイモン・カーク、アンディ・フレーザー、そしてポール・ロジャースの4人が初来日。
オーストラリアとアメリカに向かう前で滞在は約一週間。わずか二回のライブを行っている。(実はその合間に山内テツなどとスタジオセッションをやっていて、のちの第二期フリーにつながっている)

最初が4月30日で、一ツ橋の共立講堂。“ロックカーニバル♯4”というイベントの中で演奏。

1.Fire And Water
2.Stealer
3.I'm A Mover
4.Be My Friend
5.All Right Now
6.Heavy Road
7.The Highway Song
8.My Brother Jake
9.Soon I Will Be Gone
10.Mr.Big
11.Ride On Pony
------------------
12.Cross Road

最高のステージで、サイモン・カークがヒート・アップし、演奏終了後に失神してしまったそうだ。

二回目は5月1日の深夜(2日の早朝)、大手町のサンケイ・ホール。
出番は夜中の3時半!
2度目のアンコールのあと、時間がオセオセで、最後の出演者である成毛滋グループ(ドラム:角田ヒロ)のセッティングをしたいスタッフと、再度演奏しようとしたメンバーたちとの間で意思疎通がうまくいかず、結局3度目のアンコールはギターの音が出ずに中断され・・・苛立ったメンバーたちはマイクを投げたりスピーカーを突き破ったりと暴れたそう。(汗)

5月3日オーストラリアへ
しかし、バンドはオーストラリア滞在途中で空中分解。アメリカ公演もキャンセルと・・・。
つまり、ここで一度解散しているのだが、その後「フリー・アット・ラスト」は制作され、発売されている。

(以上、ニューミュージックマガジン1971年6月号の記事を参考にしました。)

-------------------------------------------------------
実は15年前くらいに、共立講堂のブート・カセットを手に入れて聴いたのだが、音質が聴くに堪えないもので、残念ながら雰囲気はあまりつかめなかったです。

ワイト島でのライブを多く含む「ライブ&モア~ポール・コゾフに捧ぐ」というレーザーディスクで1970年のライブ映像を観ることができますが、今は廃盤のようです。
当時のコンプリートなライブ映像、観たいけどあるわけないでしょうね。
c0033501_22224487.png

[PR]
by bongokid | 2006-01-07 01:19 | Player