<   2005年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧


c0033501_094684.jpgPhil Spectorは1960年代に活躍した音楽プロデューサーで、あとでビートルズの「Let it be」なども手がけているポップス界の大御所。

クリスマスアルバムは星の数ほど世に出ているであろうが、bongokidが知っている中でいちばん好きなのは間違いなくこれだ。(HMV
というか、クリスマスアルバムの中ではおそらく最高傑作-と言い切ってしまおう!
LPとして発売されたのは1963年。当時のポピュラーミュージックの世界はシングル盤が中心だったわけで、このアルバムはプロデューサーの名前を全面に出したコンセプトアルバムとしてのまさに先駆けでもあったのだ。

13曲中、11番目に登場する(スピルバーグの映画「グレムリン」の冒頭でも流れている)Christmas(Baby Please Come Home)という曲は、このアルバム中でも最高の曲。部屋で何回踊りながらいっしょに唄ったことだろう。笑いながら涙が出てくるほど好きな曲だ。Darlen Loveという女性歌手の歌唱がまたとんでもなくソウルフル!!! クゥ~~~~~~~

なぜこのアルバムが良いのか、説明することはなかなか難しい。説明すればするほど音楽を文字にする虚しさがわいてくる。

ただひとつだけ言えるのは、屈折して屈折して屈折して屈折してしまい、気がついたらマトモだった-そんな音楽、ということだ。大瀧詠一氏曰く“人工美のリアリティ”。

モノラル録音の夢のような音像。
そして、まずあり得ないであろう夢のような世界。

しかし、目の前に確実に広がる描写はリアルなリアルなリアルな世界。
[PR]
by bongokid | 2005-03-10 00:10 | CD

3月3日のヴェルベット・アンダーグラウンドの記事とある意味重複するが、
「エフェクターをまるっきり使っていない乾いた音を聴くと、なにか不安になる」という人もいる。(実は、自分もある時期そうだった。)しかし、ジャマイカ発のレゲエを聴き始めてからまったくそうでなくなったのだった。
c0033501_122080.jpgTalking blues/Bob Marley & The Wailers
これは一部を除いて、ジャマイカ産ではなくアメリカ・カリフォルニアにおけるスタジオライブだが、残響がなく乾ききっている、よい意味でスカスカの音楽。

エフェクティヴで音が壁になっていないと落ち着かない人、そんな人はおよそ“貧乏性”かもしれない。
[PR]
by bongokid | 2005-03-09 00:26 | Column

ブルース系の音楽を好きか嫌いか、または生理的に受け入れられるか否か-ということが、その人の生き方の価値観や育ってきた背景を推測するのに参考になる(ような気がする)。
しかし、ブルース系といっても多種多様だし、ブルースがどんな音楽かその人自身が知らない場合もある。
で、別の聞き方をする。「ローリングストーンズのミック・ジャガーの歌はうまいと思うか?」と。すると、「あれは下手だ」とか「音程が悪い」とかの答えが返ってくる場合と、その逆の場合がある。これで大体想像がつく。
といっても、ミック・ジャガーを知らなければ会話にならないのだが。。。

ミックの歌を受け入れられない人は西洋平均律12音階にのっとった絶対音感の持ち主に多い。
(※いい加減な決めつけだから、あまり信用しないでください)
[PR]
by bongokid | 2005-03-07 00:28 | Column

流しっぱなしの“ながら聴き”って、車を運転している時以外にはあまりないのだが、たまたまそういう時はラジオがよい。それもトークの極力少ない音楽主体のもの。(ちなみに自分の場合、お気に入り選曲のMDやカセットを作る習慣はまったくない。)
日曜の午前中のAFN(旧FEN)はノリのよいインストのソウルジャズが延々と流れている。これいい♪ 昼過ぎると(ど)カントリーになってしまい、ちょっと残念だがトークが多いよりはマシ。
CSやBSに紙面を割かれたからか、新聞の番組表を見てもAFNって小さく小さく省略されている。まぁ駐留米軍向けだからしょうがないね。
ネット経由ならMSNのネットラジオが音楽のみでよい。(ただしIEユーザでないと使えない)
[PR]
by bongokid | 2005-03-06 14:51 | Column

“ヴェルベット・アンダーグラウンド”という名前のバンドがあることを知ったのは70年代後半くらいかなぁ。
たしかラジオの音楽番組(名前失念)で-三大バンド特集-といのがあって、その三大がビートルズ、ローリングストーンズ、そしてヴェルベット・アンダーグラウンド(以下V.A.)だったのだ。
「え?なんじゃそれは? 知らんよ、そんなバンド」ってなかんじ。
なにしろ、それまでラジオで曲を聴いたことがないし、シングルヒットも無し。レコードもちゃんと発売されていたのかもわからない。(日本発売されても即廃盤?)
で、その番組でかかっているものを聴いても、なにが良いのかさっぱりわからない。ダミ声とヘタクソな演奏で地味~な印象だけが残った。

それから月日は流れ1980年代後半、友人の家でV.A.のレコードを聴かされ衝撃を受ける。退廃と混沌!激しくてもどこか冷めきっているようなチープな音像。。。でもって、ミュージシャン気質がなく、アーティスティック。
(余談)ドラムの音が変わってるなぁ、と思っていたら、モーリン・タッカーはなんと!ベードラを使っていなかったのだった。

恥ずかしい話だが、音が隙間がなく埋めつくされ、キャッチーでもって大げさにドラマチック、そんな大味な音楽を好んでいた時期も昔あった。しかし、いろんな音楽に出会い、その逆もあること知り、隙間やゆらぎの面白さ、楽しさ、かっこよさを感じ取り、むしろそっちのほうがイイなと思うようになった。

ロック好きな人の部屋にV.A.の“バナナ”がおいてあるかないか-ということがある種の目安になる-かつてそんなことを言っている人がいた。なるほどなるほど♪なんの目安かって?まぁどうでもいいんだけど、わかる人にはわかるハナシだ。

The Velvet Underground - Sister Ray

[PR]
by bongokid | 2005-03-03 23:12 | Player

ボブ・マーレー?ボブ・マーリー?
最初はレガエ、今レゲエ。ほんとはレゲ?
最初はサイコデリック、あとでサイケデリック。
ジョン・マクローリン?マクラフリン?マクラグリン?
エアロスミスは発音に忠実だとアエロスミス?
ヴェンチャーズ?ベンチャーズ?
ブルース?ブルーズ?
レッド・ツェッペリン?レッド・ゼペリン?

キリがないからやめておこう。
[PR]
by bongokid | 2005-03-01 23:25 | Column