カテゴリ:DVD( 26 )


c0033501_8525454.jpg1989年から1997年までのリンゴ・スター&ヒズ・オールスター・バンドのライヴツアー用プロジェクトの中からベストテイクを集めたもので、最近廉価で発売されたものを購入した。
笑っちゃうくらいに驚かされる組み合わせが、入れ代わり立ち代わり次から次へと出てくる。にやにやしながら和む和む♪仕事の疲れが一気に吹っ飛ぶ楽しさだ。
しかし、まぁ、よくこれだけのメンバーを集めたものだ。メンバー集めは、リンゴの人徳とプロモーターの手腕だろう。

ん~~この手法はなにかと似ていないか?
ロックンロール・ホール・オブ・フェイムのスーパー・セッション?
バングラデッシュ・コンサート?
ローリング・サンダー・レビュー?
吉田拓郎とキンキ・キッズのテレビ番組「LOVELOVE愛してる」?

いやぁ、違うなぁ。。。そう、あれだあれだ!
グループサウンズ・ナツメロ同窓会ライヴ!
あれがいちばん似ている。というのは冗談だが…、
はっきり言って60年代から70年代前半の“懐かしのロック大会”である。

誰もが皆、一世を風靡した人たちで、リンゴの息子ザック・スターキーを除いて、立ち位置をしっかりわきまえた大ベテランのプロフェッショナル・パフォーマンス。演奏は手堅く、手抜きは一切見かけられない。当たり前のことかもしれないが、さすがである。
さて、何度も何度も観る気になるかどうか、その分岐点は、パフォーマーに現役感覚があるかどうかが目安のような気がする。

DVDが安くなったのは嬉しいが、各曲毎のメンバークレジットが一切無いのはとても不親切だ。というわけで、ネット情報を頼りに自分で作ってみた。(下記参照)

■1989, The Greek Theatre, LA, CA

ハニー・ドント - Ringo Starr
アイコ・アイコ - Dr. John
ザ・ウェイト - Levon Helm(The Band)
想い出のフォトグラフ - Ringo Starr

ジョー・ウォルシュ(g)、ニルス・ロフグレン(g)、ドクター・ジョン(Key)、リック・ダンコ(B)、レヴォン・ヘルム(Dr)、ジム・ケルトナー(Dr)、ビリー・プレストン(Key)、クラレンス・クレモンズ(Sax)、リンゴ・スター(Dr)、ガース・ハドソン(Accordion)

89年の第一期メンバーが、やはり実力的にもいちばん贅沢だし、ロフグレン、ケルトナー、プレストンなどの職人技バッキングは文句のつけ様がない。
「アイコ・アイコ」もノリノリで、ドクター・ジョンの圧倒的な存在感と、それぞれのソロ回しが楽しい。
ザ・バンドの3人を含めたこのメンバーによる「ザ・ウェイト」はグレイト!

■1992, Montreux Jazz Festival

Don't Go Where The Road Don't Go - Ringo Starr
ロッキー・マウンテン・ウェイ - Joe Walsh
The No-No Song - Ringo Starr(1992, Empire Theatre, Liverpool)
Bang The Drum All Day - Todd Rundgren
ユア・シックスティーン - Ringo Starr
イエロー・サブマリン - Rinog Sarr

ジョー・ウォルシュ(g)、トッド・ラングレン(g,Perc)、デイブ・エドモンズ(g)、ティモシー・B・シュミット(b)、ニルス・ロフグレン(g)、バートン・カミングス(key)、ティム・キャペロ(Sax)、リンゴ・スター(Dr)、ザック・スターキー(Dr)

ジョー・ウォルッシュのスライド・ギターが圧巻。トッド・ラングレンのハジケ具合も圧巻。歌える人たちがほとんどだから、リンゴの「ユア・シックスティーン」などでのバックコーラスもとても気持ちよい。

■1995, Japan

I Wanna Be Your Man - Ringo Starr
Groovin' - Felix Cavaliere(The Young Rascals)
You Ain't Seen Nothin' Yet - Randy Bachman(The Guess Who, B.T.O.)
Boys - Ringo Starr

ジョン・エントウィッスル(b)、ランディ・バックマン(g)、マーク・ファーナー(g)、フェリックス・キャバリエ(key)、ビリー・プレストン(key)、マーク・リビエラ(Saxphone)、リンゴ・スター(Dr)、ザック・スターキー(Dr)

ヤング・ラスカルズの名曲やバックマン・ターナー・オーバー・ドライブの大ヒット曲をオリジナル・ボーカルが歌い、グランドファンクのマーク・ファーナーやフーのジョン・エントウィッスルがバッキングという、ある意味信じられない組み合わせ。

■1997, Pine Knob, MI

明日への願い - Ringo Starr
Sunshine Of Your Love - Jack Bruce
ノルウェーの森 - Peter Frampton
青い影 - Gary Brooker(Procol Harum)
オール・ライト・ナウ - Simon Kirke(Free,Bad Company)
アクト・ナチュラリー - Ringo Starr
With A Little Help From My Friends - Ringo Starr

ピーター・フランプトン(g)、ゲイリー・ブロッカー(Key)、ジャック・ブルース(b)、サイモン・カーク(Dr)、マーク・リビエラ(Saxophone)、リンゴ・スター(Dr)

ピーター・フランプトンはすっかり禿げ上がっていて別人のよう。「サンシャイン・オヴ・ユア・ラヴ」ではギター・ソロを弾きまくり。
フリーの「オール・ライト・ナウ」はドラムのサイモン・カークが歌っている。
カントリー風味のリンゴの「アクト・ナチュラリー」でジャック・ブルースがベースを弾いてサイモン・カークがドラムをプレイしているなんて、う~ん、みなさん器用だなぁ。(笑)
[PR]
by bongokid | 2005-10-06 23:22 | DVD

c0033501_21303497.jpgウッドストック1969・ディレクターズカット版が先日届き、少しずつ観ている。価格が税込み2100円というのは手放しで嬉しい。(1500円の時期もあった?)
しかし、安いだけのことはある。解説は一切無し(苦笑)。しょうがないので、レコードコレクター1994年10月号を引っ張り出し、ウッドストック25周年の特集記事を今一度参考にしている。
今頃嬉しがるのもだいぶ遅れているかもしれないが、オリジナル185分+40分(キャンド・ヒート、ジャニス・ジョプリン、ジェファースン・エアプレインが追加)で、デジタルリミックス&ドルビーサラウンドが導入されている。
20年前に手に入れたオリジナル映像(字幕なしのダビングものベータビデオ)に比べて雲泥の差だ。

そういえば、マウンテンの場合、音のほうはウッドストックⅡに入っていたが、オリジナルの映画には入っていませんでした。(だいぶあとの1994年に発売された、三日間を一本ずつバラした再発ビデオでは取り込まれたらしい)c0033501_23281880.jpg

ついでだから、ウッドストックに出ていながら映像として取上げられていない大物はというと、C.C.R., The Band, Jeff Beck Group, Blood Sweat & Tears, Greatful Dead などだそうです。残念だ!
[PR]
by bongokid | 2005-09-10 20:59 | DVD

たしか当時のポスターらしきものには、出演者一覧にTen Yers AfterMountainの記載があるが、映画(DVD)には演奏シーンはありませんね。
マウンテンのレズリー・ウエストの姿だけは、冒頭の車中のシーンでちょっとだけ出てくるが。。。

個人的にはどちらも入れて欲しかったです。
取上げられなかった理由はなんでしょうね?
全体の雰囲気からははみ出てしまったから?
権利関係がクリア出来なかったから?
謎です。
[PR]
by bongokid | 2005-09-01 23:35 | DVD

約2年前の2003年6月。 LED ZEPPELINのすべて未発表!のライヴ2枚組DVDが発売された。(ボーナス映像には既発表部分あり)

痛みの激しい眠っていたフイルムを、あらゆるデジタル技術を酷使して蘇らせた映像は、まさに驚異!衝撃!の極みだった。
これは目を皿にしてしっかり観たいゾ♪ということで、まず先走ってソフトを購入。
DVDプレーヤーはまだ持っておらず、一応PCで観られるのでプレーヤー購入は躊躇したのだが、数ヶ月後、結局ステレオコンポ+デカイ画面でどうしても観たくなり、ようやくプレーヤーを購入した。(時すでにDVDレコーダーが主流になっていて、なんとソフトよりハードのほうが安かった♪)

1984年、βハイファイヴィデオプレーヤーを購入し、今まで観たことの無い“動くロック映像”を夢心地で観まくった。『LED ZEPPELIN DVD』の衝撃は、それに匹敵…いやその時以上に、新鮮な興奮を覚えた。
とくに1970年・ロイヤルアルバートホールでのパフォーマンスはとんでもない。



当時のオーディエンスも演奏にまさに釘付け状態。新しい価値観に出会う瞬間の連続で、むしろ“のる”余裕など無いのが雰囲気でわかる。
誤解されるのを承知で言い切ってしまえば、当時のLED ZEPPELINの前ではアメリカのロックのほとんどが腑抜けに見えてくる。
ブルースを消化した圧倒的な楽曲の構成力、緊張感を伴った演奏の表現能力は他に類を見ないし、あえてロールしないまさに“ロック”のダイナミズムに溢れている。c0033501_23242536.jpg

ドラム・ソロというものは概して退屈なものだが、「モビー・ディック」のそれは例外で、何度観ても鳥肌が立つ。(「狂熱のライブ」よりこちらのほうが凄いと思う。)ドラマーのジョン・ボーナムは1970年の時点で21歳とは驚く。彼は音楽史上もっとも偉大な打楽器奏者のひとりだろう。
[PR]
by bongokid | 2005-08-17 23:27 | DVD

フェスティバル・エクスプレス」のDVDを毎日観ています。
うーん、良くも悪くも時代(1970年)の空気を感じますね。酒とドラッグ漬けのジャムセッションやフリーコンサートを要求する一部の観客などなど。

ライヴ演奏の間に挿入されるエピソードも当時の状況がわかって興味深いし、列車の中のジャムセッションもそれなりに面白いが、やっぱりなんといっても醍醐味は、本業であるそれぞれのアーティストのライヴパフォーマンスです。繰り返し見ても飽きが来ない。列車の中では相当無茶をしていて、けして体調がよいとはいえないミュージシャンもいたはずだが、さすがプロフェッショナルであります。

公開された映画には収録されていなかったボーナスディスクも、パフォーマンス約50分を含む充実の91分収録!
主催者の人、相当のやり手だったようで、情熱も度胸も半端ではなかったようだ。

ジャニス・ジョプリン、グレイトフル・デッド、ザ・バンドは貫禄のステージ。出演者の中でいちばん下っ端だったマッシュ・マッカーンとクレイジーなソロプレイのバディ・ガイの演奏が個人的には収穫だった。それとリック・ダンコ(ザ・バンド)のベースラインのかっこよさを再認識!

(余談)
字幕でわかったのだが、マッシュ・マッカーンの「霧の中の二人」って日本語タイトルとまったく関係ない歌詞だった。
[PR]
by bongokid | 2005-08-06 22:47 | DVD

こちらの続きで、あえて音楽部分での短い感想。

c0033501_23591319.jpgまずはブレイク前の若かりしビリー・ジョエルの「若死にするのは善人だけ」。気合入っているな。バックもいい。ドラムの人はブラシを使っているのにとてもパワフルな音。

レイ・チャールズの「ホワット・アイ・セイ」はかなりテンポアップしたものだが、ニューオーリンズの匂いもするノリノリのパフォーマンス。

カーリー・サイモンの「うつろな愛」は素人っぽくて初々しい。上がり症だったとか。演奏はほぼオリジナルに忠実。間奏ギターソロも忠実に弾かれている。ただし、ポール・バックマスターの弦アレンジは再現されていない。代用シンセ・ストリングスがかなりチープ。(そういう時代だし、、、)

グレイトフル・デッドの「ケーシー・ジョーンズ」は彼ららしくゆるゆるでいい味だ。

サイモン&ガーファンクルの「ボクサー」はサイモンのアコギのみのバックで、とてもこなれていて、ニュアンス豊かなハーモニーを聴かせる。この曲って始めから終わりまでハーモニーなのだった。

病み上がりジョー・コッカー&その物まねをするジョン・ベルーシによる「フィーリング・オールライト」は最高♪ベルーシはコッカーを大好きがゆえにパロディにしている。コッカーさんは迷惑がっているが、ベルーシ流の愛情表現か?やんちゃだね(笑)。バックはあの“スタッフ”。

エルビス・コステロは「レディオ・レディオ」。神経質そうに尖がっていたこの頃のコステロが、個人的にはいちばん好き。予定された「レス・ザン・ゼロ」を生放送で急にやめて「レディオ・レディオ」に変更したのも、ひょっとしたら彼の“演出”かもしれない。アトラクションズのバックも切れ味鋭い。

ブルース・ブラザースの「ソウルマン」は、なにも言うことないでしょう。映画「ブルース・ブラザース」そのまんまのパフォーマンスだ。バックのMG’sも最高!しいて言えば、エイクロイドのブルースハープソロが短いな。

パティ・スミスの「グローリア」。実はこのVol.1でいちばんインパクトがあったのがこれ。ゼム/ヴァン・モリスンやドアーズのも好きだが、パティは完全に自分の世界にしている。聴いただけではわからないが、歌詞もだいぶ違うのかな?バックバンドの演奏もハイテンション。ギター×2、ドラム、ピアノのベースレスがユニーク。

ピーター・トッシュwithミック・ジャガーの「ドント・ルックバック」は、まぁまぁ。

最後はザ・バンド(ホーン入り)の「オールド・デキシー・ダウン」。手堅い演奏。あれ?リチャード・マニエルがいないな。
[PR]
by bongokid | 2005-07-10 00:03 | DVD

c0033501_22121894.jpgアメリカの音楽バラエティ・テレビ番組でかつて一世を風靡した(といっても現在も放映中だそうだが)「サタデーナイトライヴ」。その音楽とコントのオイシイ部分のみの総集編5枚組DVD(日本盤)を思い切って購入した。
よだれが出そうな映像が目白押し。けっこう高い買い物だったけど、じっくり味わってしっかり元を取ろう。
感想は後日、ここに書こうと思う。→Vol.1

実はこのDVDは輸入盤のほうが日本盤に比べて価格が約三分の一。しかし、リージョンコードというのが日本国内向けでない。リージョンコードの設定を変えれば観られるのだが、その設定変更の回数に上限があるそうで、それを越えると変更が出来なくなるらしい。そういうわけで、泣く泣く日本盤を購入したのだった。(一応字幕もあるし…)
しかし、なぜにこれほどの価格差があるのだろうね。
[PR]
by bongokid | 2005-07-07 22:19 | DVD

ジャニス・ジョプリン、ザ・バンド、グレイトフル・デッドら豪華メンツによる70年のカナダ・ツアーの模様を捉えた幻の映画のDVDがポニーキャニオンから7月29日に発売される。
50分を越える未公開パフォーマンス映像、未公開インタビュー、メイキング・インタビュー、オリジナル・日本版劇場予告などの特典映像満載で二枚組3,900円(税込)。

1970年という時期は、、、ヒッピー文化の最末期。劇場公開版は観ていないが、音楽そのものの素晴らしさとともに、ある種の虚しさもあるのでは?という先入観があるが、さてどうだろう。
[PR]
by bongokid | 2005-06-17 08:39 | DVD

c0033501_05118.jpgDr. Feelgoodは史上最強のB級バンドだ!
なにが最高かって?1975年のこのライヴ映像を観ない人には教えたくない。(笑)
キレのいいパフォーマンスに圧倒されつつ、ついニヤケっぱなしになる!

なお、輸入版のほうが1500円程度安い。
[PR]
by bongokid | 2005-05-20 00:57 | DVD

c0033501_2254242.jpgこれは音楽(ジャズ)映画だが、人間ドラマとしても良く出来ている。

1950年代末、酒・ドラッグに溺れながら人種差別の激しいアメリカ合衆国からヨーロッパに逃避した黒人の老ジャズマン。
それを献身的に支える彼のファンの貧しいフランス人青年。しかし、ジャズマンは破滅街道から結局抜け出せなかった…。
こう書くと悲惨な暗い映画のようになってしまうが、それを小粋で深い叙情性のある空気感にしているのは、流れる音楽と映像美。
けしてA級作品とはいえないが、お気に入りの映画だ。

そして、ジャズの源泉はブルースということを思い知らされるのだった。
[PR]
by bongokid | 2005-04-11 22:08 | DVD