癒し系

癒し系の音楽? “癒し”という言葉が一人歩きしている。そんな事を意識して音楽を聴いたことがない。どんなにうるさくても、どんなに激しい音でも、それが気持ちよければ広い意味で“癒し”である。つまり好きな音楽全てが、その人にとって“癒し系”と思う。
“好きな音楽すべてが癒し系”という言い方にはかなり強引なところがあるだろうが、まぁ、広い意味でのハナシであって、世間が癒し、癒しとうるさいから、屁理屈のひとつでも言いたくなってしまったのだ。
そう!覚醒させられる音楽だってあるではないか。眼をキッっとさせたくなるような気持ちがシャキっとするような素晴らしい音楽だってあるのだ。中庸で意外性のない、生ぬるい音楽が巷にはびこっていると、無視すればよいのについなにか言いたくなる。どうもオヤジの愚痴になってしまうようで、いささか気が引けるのだが。いやぁ失敬!(-_-;)
[PR]
by bongokid | 2005-01-26 02:37 | Column