アメリカは広い・・・BSTREET BANDだってさ。

ブルース・スプリングスティーンのファンサイトのリンク集の中に、スプリングスティーンの古い友人でニュージャージーを拠点に長年活躍しているサウスサイド・ジョニーのサイトがあった。行ってみると、相変わらず地道にパブやライブハウスや学校のイベントなどに出演しているらしい。
で、彼のスケジュールの中に「B.B. King Blues Club & Grill」というのを見つけてクリック。
おそらくBBキングが経営しているクラブだろうが、ライブスケジュールを見るとブルースバンドが意外と少ない。
しかも、キース・エマーソンだのカール・パーマーだのリック・ウェイクマンなんてのもある。ラヴィン・スプーンフルもいるし、モントローズもいるし、アイス・キューブパブリック・エネミーもいる。
ムチャクチャだな、こりゃ。お!「名前のない馬」のアメリカもいるし、ジェファーソン・エアプレインもいるし、ロビン・トロワーもいるし、デイブ・メイソンもいるし、ジェームス・ブラウンもいるし、チャック・ベリーも・・・キリがないぞ。

どのバンドもオリジナルメンバーはほとんどいないだろう。
みんな、ジーサマになっても、昔の栄光を背負い、こうやってクラブ回りで楽しく?生活しているのね。ご苦労様です。まぁ日本でもあるけどね。

あとは、ビートルズやなんやらのトリビュート・バンドも数多く出演している。
そして、アッタアッタ!ブルース・スプリングスティーンのトリビュート・バンド!音源も公開されていて、ボーン・トゥ・ランのコピーを聴けた♪(つまらなかったけど笑)
で、彼らのサイトがあるようでリンクをたどってみた。 
トップページに「プライベートパーティに出張営業いたします!ご連絡ください」なんてある。需要があるのかぁ~!(笑)

まぁ、これだけでもお腹いっぱいだが、アメリカにはこのようなシチュエーションが数え切れないくらいあるのだろう。
以前、「プラターズ」が全米に5組あって、同時にライブをやっていた~なんて笑い話もあったな。だれがオリジナルメンバーかわからないしなぁ。。。

よく言えば、ショービジネスの本場で根っこが太いということだが、言い方を換えれば、懐かしの演歌歌手を町の公民館で観るようなもので、ロックンロール/ブルースの本場アメリカならではの田舎臭さがプンプン臭うのだ。
[PR]
by bongokid | 2006-04-23 23:54 | Column