レモン林

小笠原諸島には白人のコミュニティがあり、日常会話を日本語で話していることは、余り知られていない。

あれこれ考える以前に、その事実を知った驚きはかなりのものだった。
そもそも“小笠原”などと漢字の地名がついているから日本固有のイメージがあるが、元は無人島で無国籍だった。
19世紀初めに米国人セーボレー(白人)たちが漂着して定住した。その後日本人も移住し、明治8年に日本領土となり、東京府下の一地域扱いになった。
ちなみに、“小笠原”という地名は日本人探検家の苗字からとられたそうだ。

白人と日本人が混じり合って生活していたが、第二次世界大戦時に日本人は強制的に本土に帰され、戦後は日本に返還されるまで、沖縄同様に米国の施政下におかれた。

戦前は農業も盛んだったらしいが、現在は観光業と自給自足のための漁業しか行われていない。180年前に定住したセーボレー一族の末裔は、槍で魚を捕る伝統漁業をしながら暮らしていた。

世代間で日米の影響力の差は当然ある。若い世代は日本返還後に日本語教育を受けているが、米国に渡る人々も多い。

70歳を越えた白人の老人はかなりの程度で“日本人”で、もちろん日常会話は日本語だ。

~レモンの林~

若い二人は離れているけれどでネ 
約束しましょう また逢う日の夜に
若い二人は人目が恥ずかしいでネ 
レモン林で隠れて話しましょう 

レモン林の甘い香りの中で 
キッスをしたのをお月様が見てた 

平和になったら二人でカボボしてでネ 
新婚旅行は東京(※)へ行きましょう


こんな歌詞の民謡がある。
海岸で、シワまみれの老人が照れくさそうに口ずさんでいた。

小笠原を特集したテレビドキュメントを見てから数年が経過したが、この歌の入ったCDは存在するようで、小笠原の島唄CD「葉から芽」CRCM-40062 がそれ。

※実はネットで調べたら「東京」は「父島」になっていた。正式?には「父島」なのかな。。。だた、テレビで観たときの老人は間違いなく“東京”と唄っていた記憶がある。それはおそらく替え歌、もしくは亜流なのかもしれない。
白人の老人が“東京”と唄っているところになにか奥深いものを感じた。
[PR]
by bongokid | 2006-01-27 20:55 | Column