フリー(Free)伝説の初来日公演1971

c0033501_1162635.jpgフリーを知ったのは、「オールライト・ナウ」がそこそこ日本でもヒットし、深夜ラジオの音楽番組でそれを聴いたことからでした。そして最初に購入したLPはあの「ライブ」。聴きまくりました。
最後の曲(スタジオ録音)の「Get Where I Belong」が流れると、まるでドキュメント映画のエンドロールのような錯覚を覚えたものです。
※今、購入できるCDはボーナス・トラックがそのあとに入っているので、個人的にはちょっと違和感があります。

-------------------------------------------------------
その「フリー/ライブ」が日本で発売される約二ヶ月前の1971年の4月下旬に、ポール・コゾフ、サイモン・カーク、アンディ・フレーザー、そしてポール・ロジャースの4人が初来日。
オーストラリアとアメリカに向かう前で滞在は約一週間。わずか二回のライブを行っている。(実はその合間に山内テツなどとスタジオセッションをやっていて、のちの第二期フリーにつながっている)

最初が4月30日で、一ツ橋の共立講堂。“ロックカーニバル♯4”というイベントの中で演奏。

1.Fire And Water
2.Stealer
3.I'm A Mover
4.Be My Friend
5.All Right Now
6.Heavy Road
7.The Highway Song
8.My Brother Jake
9.Soon I Will Be Gone
10.Mr.Big
11.Ride On Pony
------------------
12.Cross Road

最高のステージで、サイモン・カークがヒート・アップし、演奏終了後に失神してしまったそうだ。

二回目は5月1日の深夜(2日の早朝)、大手町のサンケイ・ホール。
出番は夜中の3時半!
2度目のアンコールのあと、時間がオセオセで、最後の出演者である成毛滋グループ(ドラム:角田ヒロ)のセッティングをしたいスタッフと、再度演奏しようとしたメンバーたちとの間で意思疎通がうまくいかず、結局3度目のアンコールはギターの音が出ずに中断され・・・苛立ったメンバーたちはマイクを投げたりスピーカーを突き破ったりと暴れたそう。(汗)

5月3日オーストラリアへ
しかし、バンドはオーストラリア滞在途中で空中分解。アメリカ公演もキャンセルと・・・。
つまり、ここで一度解散しているのだが、その後「フリー・アット・ラスト」は制作され、発売されている。

(以上、ニューミュージックマガジン1971年6月号の記事を参考にしました。)

-------------------------------------------------------
実は15年前くらいに、共立講堂のブート・カセットを手に入れて聴いたのだが、音質が聴くに堪えないもので、残念ながら雰囲気はあまりつかめなかったです。

ワイト島でのライブを多く含む「ライブ&モア~ポール・コゾフに捧ぐ」というレーザーディスクで1970年のライブ映像を観ることができますが、今は廃盤のようです。
当時のコンプリートなライブ映像、観たいけどあるわけないでしょうね。
c0033501_22224487.png

[PR]
by bongokid | 2006-01-07 01:19 | Player