Music Magazine(2006年1月号)

c0033501_22475350.jpg本日、地元で発売された1月号の特集は毎年恒例の「ベスト・アルバム」。
つまり、2005年に発売されたすべて?のポピュラーミュージックの新譜から、音楽ライター、音楽評論家が各ジャンルごとに選出したベストアルバムが数枚ずつ紹介されているわけです。

毎年のことではあるが、各ジャンルからベストということで選ばれたものだけでも膨大な作品数で、正直言って途方に暮れます。観たことも聴いたことも無い優秀なアルバムが世の中にはこれだけあるのだなぁ~と。
旧譜だけでも大変な数なのに、ポピュラー音楽の新譜全般にわたってさらに興味を持てる人は、いったいどれだけいるのでしょうね?

ちなみに、選出されている中で自分が持っているものは、音楽DVD部門の「フェスティバル・エクスプレス」のみ、という情けない結果でした。
[PR]
by bongokid | 2005-12-20 22:49 | Column