The Old Grey Whistle Test(続)Vol.1

以前に簡単に紹介した英国BBCの音楽番組(16年間)から編集された3枚のDVD。全部で8時間以上!ある。観るのも大変だ。
しかし、内容は滅多に観られないような貴重なものを数多く含み、しかも画質・音質(モノラル)はクリア。ほとんどが生放送時のリアルライヴだ。

c0033501_20294737.jpgだいぶ遅ればせながら、今回はVOL.1(全28曲)からお気に入りのものを、、、。
We Gonna Have Peace/Curtis Mayfield('72)は狭いスタジオで小さい音であってもこれだけのグルーヴが出せるというお手本のような演奏。生々しい息づかい、繊細でしなやかなグルーヴが素晴らしい。

Stir It UP/The Wailers('79)はピーター・トッシュ、バーニー・ウェラー在籍時のもの。歌・演奏とも乾いていて、しかもふくよかで、この頃のウェイラーズがいちばん好きです。

Do The Stand/Roxy Music('73)はイーノ在籍時のグラム期。コンセプトが絶妙で、ダサさ加減とかっこよさが渾然一体となっている。

Vol.1の個人的なハイライトはFrankenstein/The Edger Winter Group('73)でしょう。ノリノリのバンドアンサンブルがハイテンションで完璧!エドガーはシンセ、サックス、ティンバレスを取っかえ引っかえしながらの大熱演!ギターはリック・デリンジャー。

Freebird/Lynyed Skynyrd('75)彼らの代表曲で、テンポアップの後半は圧巻だが、大味でもうひとつ締まりがないという印象。そんなこと言っては怒られるかな?

Upon The Me O My/Captain Beefheart('74)のライヴは初めて見た。この曲は演奏がわりと“まとも”なものだが、毒気はやっぱりある。

Rock'n Roll Doctor/Little Feet('75)はロウエル・ジョージのスライドギターと気だるげなボーカル、そしてリトルフィートならではの独特のグルーヴが味わえる。

Rosalita/Bruce Springsteen('79)は有名なコンサート映像で、今までに何回も観ているけど、もっとも勢いのあるこの時期のパフォーマンスは何度見ても素晴らしい。

Vol.2、Vol.3からは気が向いたらまた書きます。
[PR]
by bongokid | 2005-11-09 20:44 | DVD