真夏はハードロック!

c0033501_038553.jpg食欲が減退し、素麺や冷し中華をチュルチュル食べることが多くなるこの季節だが、汗かきながら熱いものを食うのも意外と爽快なものだ。

個人的に音楽に置き換えれば、前者がウェス・モンゴメリーの「Impressions: The Verve Jazz Sides」。
エアコンが利いた部屋で、寝っころがって聴く。涼しげでスムースなギターワークだ。
で、後者はといえば、ディープ・パープル第4期の「On the wings of a Russian fox bat」。エアコンを切ってうちわ片手に聴いた後、シャワーを浴びる。



c0033501_0391666.jpg“腐りかけの果実が一番ウマイ”なんてことがあるが、世間で評判がよろしくない第4期ディープ・パープルのライヴが好きだ。その第4期では「On the wings of a Russian fox bat」という1976年のカリフォルニアでのライヴ作品がある。

これは95年にオフィシャルで発売されたが、元々は有名なブートレグとして80年代に出回っていた。当時、すぐ通販で手に入れて愛聴していたものだ。

ディープ・パープルが一般的に評価されているのは、当然第二期であり、ライヴ盤なら有名な「ライヴ・イン・ジャパン」がある。そりゃあ素晴らしいものだ。異論を挟む余地はない。しかし個人的な愛着ということなら、腐れかけの第4期のライヴのほうだ。

カヴァーデルは投げやりで音程は悪いし、グレン・ヒューズは出しゃばり過ぎ、そして問題の人トミー・ボーリンとジョン・ロードはやっつけ仕事?(イアン・ペイスは問題ないが)

方向性もない崩壊寸前の姿だけれど、そんな状況でかろうじて踏ん張っている演奏、それが好きだ。

このメンバーのライヴでは、酷評された「Last Concert In Japan」もある。
ボーリンは手を怪我していて(※様々な憶測があるようだが)ボロボロだけれど、ベースとドラムのリズム隊がそれを必死で補おうとしていて、そのグルーヴ感は涙ものだ。

余談だが、その場にいた友人の話では、終始、汚い野次が飛んでいたそうである。「帰れ!」「下手くそ!」
しかし、日本語のわからないメンバーには、それが大歓声に聴こえていたらしい。「Thank You!! We love Tokyo~~~~~~~!!」
[PR]
by bongokid | 2005-07-31 00:41 | CD