郡山ワンステップフェスティバル

NHKアーカイブス の1974年郡山ワンステップフェスのドキュメントを録画で観た。
良くも悪くもNHK。音楽そのもののというより、社会的視点及び風俗としてのドキュメント。

以前の1970年のトゥーマッチ・コンサートと同様に、当時、ロックはまだ社会的に異質なもので、外部の人達がいかに奇異に捉えていたか、またそれによって当事者たちがいかに悪戦苦闘していたか、が垣間見えた。

終わってみれば、虚しいロックフェス…。借金とゴミの山が残った。
ただ、それを批判するつもりは毛頭ない。発起人の情熱はこの上なく純粋なものだから。

けして後味のよい番組ではないけれど、当時、平々凡々に暮らしていた身としては、話題としては認識していたが、実際にはこんなことがあったんだ!と再認識させられたロック黎明期の貴重な映像であった。

未見だが、最近DVDも発売されたそうで、もう少し音楽的に捉えられているようだ。


[PR]
by bongokid | 2005-06-27 23:59 | Column