ポール・バックマスター(3)

c0033501_16144713.jpg「The Chitinous Ensemble」(チェロ奏者、作曲家、弦楽アレンジャー=ポール・バックマスターの実質ソロ・アルバム再発CD)を購入。
以前の記事はこちらこちら

バックマスターは70年代にエルトン・ジョン、ニルソン、ローリングストーンズなどの弦アレンジをしたことで、当時一躍有名になったが、それとほぼ同時期にエレクトリック期(1969年~の全盛時)のマイルス・ディヴィスに多大な影響を与えた人物でもある。

バックマスターが作編曲、音楽監督を担当し、数十人のミュージシャンが参加している。
(「The Chitinous Ensemble」は、マイルスの「ビッチェズ・ブリュー」の源のひとつと言って良いだろう。)

長らく廃盤になっていた待望のブツであり、期待を裏切らない素晴らしい内容。
簡単に言えば、クラシック現代音楽とフリージャズとファンクが渾然一体となった音世界。
マイルスとの明らかな違いは、バックマスターならではの重厚な低音域を中心としたストリングスが使われているところ。
そのせいか、マイルスに比べて湿り気があり、イギリス的。
タブラなどの打楽器も効果的に使われているが、これはマイルスの「オン・ザ・コーナー」を連想させる。(というか、こちらが先ですが。)

マイルスの自叙伝(中山康樹・訳/宝島社)においてもバックマスターは登場する。
一度目は、1969年(「ビッチェズ・ブリュー」制作時)にイギリスで出会い、いつかニューヨークに来てレコーディングを手伝うよう要請しているくだり。
二度目は1972年(「オン・ザ・コーナー」制作時)で、マイルスは自宅に泊めてレコーディングを手伝わせているくだり。
また、バックマスターのリズムと空間の扱い方を気に入っていた、とある。
[PR]
by bongokid | 2005-06-10 21:23 | CD