Without You /Budfinger

"Without You"という曲名で検索するとウェブにはたくさんの紹介ページがあって、わざわざ書くこともないかとも思ったが、とりあえず個人的な回想を。

最近ではホール&オーツがカバーしている。古くはニルソンで大ヒット。ちょっと前だとマイケル・ボルトンやマライア・キャリー。で、どのテイクが最高かっていえば、間違いなくオリジナルのバッドフィンガーのもの。
ストリングスも入っておらず、甘さを抑えたスタジオライブ風のラフなバンドサウンド。
サビの「キャンリヴ」のリヴの“リ”を伸ばさなかったり。経過音のベースラインが他のものとは異なったり。ヘンに女々しくない歌。無骨なコーラスワークやシャウト。ロック的。音のたたずまいはひょっとしたらビートルズの「ヘイ・ジュード」を意識しているかも。

c0033501_21422254.jpgこれは最初シングル盤のB面だった。1970年発売当時、深夜ラジオで流れていたのを数度聴いただけ。なんとなく躊躇していたらいつのまにか廃盤。収録アルバム「ノー・ダイス」も長期に渡って廃盤状態が続いた。もちろん、元々B面だしラジオでもかからず。記憶だけが残る。(今ではオリジナルアルバムがCDで発売されていて容易に手に入るが。)

廃盤状態が続く中で、我慢出来ずにブートレグCDに手を出したのが1990年代前半くらい。CDタイトルが「If you want it...」という、違法コピーで代表LP3枚分をまるごと収録したCD二枚組。ぼったくり価格でレコード落としの音質ながら、約20年後にやっと聴けた喜びは格別だった。


[PR]
by bongokid | 2005-03-29 21:46 | CD