さてさてなにを買おうか財布と相談

例によってMUSIC MAGAZINEの4月号を購入。読み物も盛り沢山だが気になる新譜もちらほら。

■「グエロ/BECK」(CD)
最高傑作らしい。今までBECKの作品は単品で少し聴いたことがあるだけだが、気になってしょうがない。

■「ザ・ブルース ムーヴイー・プロジェクト コンプリート」(初回限定7枚組DVD)
マーチン・スコセッシが制作総指揮のブルース映画7本のボックス。ブルースの全体像を知ることはもちろん、ブルースミュージックがどんな影響をポピュラーミュージック全体に及ぼしたかを知る意味でも興味はつきない。んが、2万7千930円である。(苦笑)どうしよう~。単品でも発売されるそうだが、その場合ボーナスディスクは観られない。

■「ワンステップ・フェスティバル1974」(DVD)
1974年、郡山で行なわれた歴史的ロックフェスの記録映画。CDも同時発売で4枚組。昨年だったかにNHK総合のアーカイブで放映されビデオに録画したんだけど、それはほんの一部だった。四人囃子、沢田研二、(デビュー当時の)ダウンタウンブギウギバンドなどの映像は観たい。キャロルが未収録なのは残念。

■「ソウル・トゥ・ソウル」(DVD+CD)
1971年アフリカ・ガーナにおける米国ソウルミュージックのライヴ記録映画。出演はウィルソン・ピケット、アイク&ティナターナー、ステイプル・シンガースなど。これも一部の映像はすでに観たことがある。
アーティストも聴衆もブラックなわけだがその文化はまったく異なるわけで、つまり、アメリカに移住した日系人の末裔のアーティストが成功して日本でコンサートを演った-ということと似ているか???
[PR]
by bongokid | 2005-03-20 15:43 | Column